ルイヴィトンの良さってこういうことなんだよね

LINEで送る
Pocket

ルイヴィトンのブランドを立ち上げたルイヴィトンは1821年にフランスで生まれました。

 

ルイヴィトンはワールドワイドで通用するブランドとして、日本でも絶大な高評価を誇っています。ルイヴィトンは、バッグやアクセサリーに限定しずジュエリーなども用意していていますし、息子向けのプレタポルテなども用意されています。

 

★留め具に安らぎのある金色を利用することで材質にもちょうどよい硬さの本革を使用するなど利用者の心をくすぐる商品です。

 

日本でもその高評価は絶大なもので、2002年には、東京の表参道に、ルイヴィトン表参道ビルが開放したのですが、このルイヴィトンのお店は、ワールドワイドマックス級のスケールを誇っているといわれています。

 

★奥行きもふんだんあるので収容力だって見事!アクセサリーを掃除するのに実用的なポケットも満喫。他にもはじめは旅行鞄を専門に製作しよう店舗を開放させたのですが、この場合は、グリトリアノンキャンバスを使った平たいトランクを用意していました。

 

ルイヴィトンは革製品のアクセサリーなども生み出す事にしました。ルイヴィトンとは1854年に作られたフランスのブランドです。レディース、メンズなどのアパレルラインなどもありますし、日本では、2008年にメンズフロアが、ルイヴィトン阪急メンズ点として開放しています。

 

1896年にはブランドのコピーグッズが出回らないようにするようにという事で、モノグラムの柄を使った意匠をリリースしたのですがこれが大ヒットして、モノグラム柄が、王族や上流階級の人にアダルト心もとないになりました。

 

建築居宅の青木淳さんが立てたのですが、トランクを積んだような意匠の建物です。加えてパリで行われた万国博覧会に出展して、1885年に、イギリスのロンドンにあるオックスフォード通りお店を開始出来て開きました。